2007年08月10日

食中毒の知識

食中毒って、今では聞きなれた言葉ですが、実際どんなものなんでしょう。

食中毒とは、言葉の通り、食べ物に含まれている化学物質や微生物、その他有害な成分を摂取してしまうことで起こる、中毒症状のことです。食中毒の原因は、たくさんあります。食中毒になる原因の中には、大腸菌やノロウィルス、黄色ブドウ球菌、カンピロバクターや、中には悪変した油なんかもあるんですよ!

食中毒のせいで起こる症状としては、下痢や嘔吐、それらに伴う脱水症状が一般的です。食中毒が死亡の原因となってしまうこともあるので、決して油断してはいけませんね。

そんな恐ろしい食中毒から、身を守るために大切なのは、常に清潔さを保つことです。特に、温度と湿度の高い夏場は、生物は長時間、冷蔵庫の外に出しておくことのないようにしましょう。また、すこしでも変だと思ったら食べることはやめること。食中毒は、高温で殺菌することで感染を防ぐことができるので、熱を加えた調理をするのも良いですね。
心と睡眠・精神の医学


posted by 健康家族 at 22:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。